<優良葬儀社探すなら 葬儀社比較ドットコム>葬式について発信していく専門情報サイト

葬式をするために大切なこと

葬式とは、亡くなった者をあの世へと送るための大切な儀式といわれています。また、決して亡くなった者をあの世へと見送るというだけではなく、残された家族にとってもとても必要な役割を持っている儀式となっています。

葬式を行うことは、急に大切な家族がなくなってしまったという悲しみを受け入れるためや、しっかりと遺族の気持ちの整理をつけることができる儀式でもあります。よって葬式を行うには、個人だけではなく遺族の気持ちも尊重してあげることが大事となってきます。

現代では、あらゆる葬式の方法が提供されていることから、どの方法を選べばいいのかがわからないといったケースもありますが、迷ってしまった時には、複数の葬儀社を調べてみたり、見積もりや話を聞いてみるということがとても大切となっていて、故人や遺族の納得の行く方法を選ぶ必要があります。

小さなお葬式

総合評価
★★★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
サービス内容
★★★★★

最近の冠婚葬祭は、家族や親しい身内や友人達だけで、本当にその人と関係の深かった人を交えて執り行うケースが増えてきました。結婚式は地味婚などと言われますが、お葬式に関しては、家族葬と言う小さなお葬式のスタイルです。

会社をリタイアして大往生した御年輩の方など、最期を看取る仲間達もほとんど他界してしまったと言う人もいるでしょう。会社を辞め、肩書も取れ、ただの一個人になった時、そんな社葬の様に大きなお葬式が必要でしょうか。本当に限られた人たちに見送ってもらう家族葬で十分幸せなのではないでしょうか。

こちらの会社では、葬儀から納骨まで、全てを段取りしてくれます。一部メディアにも取り上げられており、その段取りの良さには感心させられます。何より遺族の方に寄り添って、気持ちを量りながらお仕事として準備を進めてくれるその心配りも素晴らしいです。

くらしの友

総合評価
★★★★
満足度
★★★★★
掲載情報量
★★★★★
使いやすさ
★★★★
サービス内容
★★★★

くらしの友では、冠婚葬祭を承ってる会社で、利用された方から感謝されることが多いです。婚礼でも利用していただけますが、多くは葬式で利用されてます。葬儀は24時間一日休まず、営業されてます。病院でにゅういんされてる方が急変された時、自宅まで搬送してもらう時に利用することが出来ます。

このくらしの友では、今までに何千件もの経験と実績があるので、自信をもってお手伝いしてくださいます。利用される方に満足してもらえるように、こだわりのサービスも行ってます。お清めのための料理も、おもてなしの料理が複数御座いますので、ご予算に応じて選らばれることです。

故人の方をご冥福する昔からから伝わる儀式を利用された方からの評価も高いです。葬儀が終わった後もサポートしてくださいます。家族葬から社葬まで承ってる所なので、利用されてみるといいですね。満足出来るサービスに感動される方も多いです。

はじめてのお葬式

総合評価
★★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★★★
サービス内容
★★★★

はじめてのお葬式は、面倒なことは周囲に任せて出席するだけでも、体面が保てます。戸籍における、父親や母親が無くなったのであれば、その子供であれば「親族」と呼ばれます。はじめてで困惑するのは、葬儀のマナーです。服装は。焼香の回数は。顔を見てあげてくださいと言われたとき見ないとダメか。結婚している年下の夫婦には頭を下げた方がいいのか。式場で食事が出た際の振舞い方など、わからないことばかりです。まず、服装は、喪服でないといけません。女性なら肌を見せない黒の喪服。男性でも肌を見せない黒の喪服です。ラインや模様やタックが入っているビジネス用のスーツではいけません。必ず喪服で。アクセサリーは真珠しか認められません。真珠は「涙」をあらわすため、泣きたくもない筋であればつけなくても結構です。

焼香の回数は周囲の雰囲気に合わせて。「死者の亡骸に向かって頭を下げる」行為ですので、周囲が二回ずつ行っていても、一回で十分だと思えば一回で結構です。結婚している自分より年下の夫婦には頭を下げるべきか。自身が結婚していて、配偶者を連れてきているのであれば、雰囲気によります。頭を下げる雰囲気であれば下げればよいだけです。逆に下げると風当たりが強くなる家庭では決して下げないこと。式場で食事が出た際の振舞い方は、すでに遠方で独立していて、これ以上世話になりたくない筋であれば、いつもの合コンや飲み会のノリではいけません。良い機会です「もうこの家でご飯は食べません」という意思表示をしてしまいましょう。お腹が空いていて、目の前に寿司やローストビーフなどの豪華な食事が並んでいても、どれにも口をつけず、数分で席を外してください。居座ろうとしてはいけません。親族が急死したときにあわてないためにも、好きだった芸能人の告別式等に参列して雰囲気を知っておくのは、いざというときの為にも重要かもしれません。「家の近所で、有名人の葬儀が行われた、熱烈なファンだというわけではないけれど、できれば参列したい」という場合、参列の仕方や、香典や服装、その他にルールは存在するのでしょうか。

参列の仕方にはルールが存在します。運営側や親族側が「しなくてけっこうです」と言うことは決してしないこと。記帳所が一般用と親族用に分けられているのであれば、ファンの方は一般用の方に参列してください。決して親族用の方に参列してはいけません。芸能人のお別れ会などはトラブル防止のため、また、おっかけや火事場泥棒対策に、告知一つ出すにも苦労するはずです。運営に許されれば、もちろん参列は自由ですが、式当日の進行の妨げになるような行為は慎みましょう。また、ファンの人が大勢参列する場合、香典を用意する必要はありません。運営側も、一般用の記帳所から入場したファンからの香典は受け取らないか、辞退する場合が多いです。「ファンが香典を多く渡した少なく渡した」程度のことで、後日トラブルが発生するなど、遺族にはこたえます。それよりも、公道を塞ぐのはやめましょう。テレビなどで有名人のお葬式の映像が流れていることがあります。大量のファンが道路を塞いでしまって、霊柩車が先に進めなくなってしまったり、一般の通行の妨げになったりという映像をごくたまに見かけます。常識ある行動を心がけましょう。親族のお葬式であれば、オリジナルの振舞い方をしても構わないということです。ただし、式の最中に頭に来ることが発生しても決して殴らないこと。

コムウェルセレモニー

総合評価
★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★
使いやすさ
★★★★
サービス内容
★★★★

身の回りの大切な方を亡くされた時、人は途方に暮れてしまうものですね。その後の事は考えたくないのに、時間だけが過ぎていってしまう。誰にでもいつかは、訪れる事です。その時に、しっかりとサポートしてくれる人がいたらどんなに心強い事でしょう。

そんな心強いサポートをしてくれるのが、コムウェルセレモニーです。こちらでは急ぎの対応から、事前に話だけを聞いておきたいと言う方にも丁寧に対応してくれます。最近の世の中では、終活という言葉も存在するくらいですので、一度気軽な気持ちで資料請求をしてみるのもありかもしれません。

葬式というと重苦しいなかで、来賓された方への持て成しなど、しなければいけないことが沢山ありますが、核家族が進む現代には少し無理がありますよね。そんな時にもコムウェルセレモニーのスタッフが、進行や手続きを手伝ってくれるので、安心して任せることができます。

格安葬儀

総合評価
★★★
満足度
★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★
サービス内容
★★★★

現代は葬儀に余分な費用を掛けずに、必要な所にお金を掛けてシンプルな葬式をしたい人が増えています。時間の都合でお通夜を行わない一日葬や、火葬だけを行う火葬式をしたい人が増えています。格安葬儀を行っている葬儀社では、費用がわかりやすく明瞭になっています。

格安葬儀を行っている葬儀社では、経験豊富なスタッフが在籍をしており、親切で丁寧な応対なので、安心して依頼できます。一日葬や火葬式はもちろん、家族葬や一般葬のプランもあるので、家族構成に応じたプランを選びやすくなっています。

現代は無信仰の人も増えていますし、寺院の檀家になっていないご家庭も増えているので、読経をしてもらうために僧侶を手配したい人が増えています。葬儀社ではお布施の金額に応じて、信頼できる僧侶を手配してもらえます。

全国400社超の葬儀社から選択可能

平安祭典

総合評価
★★★
満足度
★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★★
サービス内容
★★★

神戸をはじめ阪神圏内で旅立った家族等のお葬式を検討している場合は、平安祭典に依頼をすると古き良きものと時流に合わせた故人だけではなく、ご家族も満足いただける形式をとらせてもらうことができるのが魅力的です。

また平安祭典は地域社会に密着しているので、何かあった際はお気軽に相談を受け付けることができます。予算や形式などで困っている際は、家族の立場に合わせた葬式を提案してもらうことができるので、安心してお任せできます。

故人と残された家族に寄り添うような葬式を開催できる平安祭典にお任せすると、後悔のない最期を家族全員で迎えることができます。葬儀のプロが在住しているので、些細な悩み等も全て伝えてもらうと理想的な最後を送ることができます。

葬式のスタイルは毎回微妙に変化多彩に

葬式は故人との最期のお別れのための儀式です。この儀式は枕経、お通夜、告別式の3つの儀式がそれに該当します。この儀式を行うには専門の葬儀社を通じて行うのが一般的なスタイルとなります。
かつてのこの葬儀は自宅で行う割合が過半数以上でしたが、現在では葬儀社の会場を借りて行うのが一般的となっています。さてそのお葬式のスタイルですが、これは執り行うご遺族と葬儀社とお寺さんとその時代によって微妙に多彩な変化を遂げています。
見た目は似ていても細かい部分で異なる対応を行う場合があるため、絶対的な答えはこうであると断言してはなりません。たとえ同じ葬儀社やお寺さんを利用したとしても10年前と今とでは異なる対応をとる場合があります。
そのためこの場に参加するならば、周囲の状況をよく見ながら臨機応変に対応できる思想態度を持てなければなりません。もし固定観念が強すぎると空気を読めない人として周囲との軋轢をもたらしかねないことに注意しなければなりません。


葬式の祭壇のカバーの色に気を付けろ

誰かがお亡くなりになるとお葬式というお別れの儀式を行います。この場合の大半はどこかの葬儀社の会場で行われる場合が多くなっています。
しかしその会場とは別に自宅内にも祭壇を用意して故人の位牌や遺骨、お供え物などを設置したりなどもします。もしご遺体を葬儀会場へ搬送する前に、自宅に一旦搬送したならば、自宅内に祭壇を設置するのは、告別式やお通夜を行う前の段階で行います。このとき場合によってはその祭壇の設置は葬儀社のスタッフがやってくれます。
しかしここで気を付けることは、その祭壇に設置するカバーには裏表の2つの色があるということです。2つの色は朱色または銀色となっています。普段自分たちで法事のために祭壇を設置する場合、その色は朱色側が表となります。
しかしこのお葬式の時はその色を表にしてはなりません。このときは逆の銀色が表でなければなりません。仏教の場合だと、この銀色が表である期間は、お亡くなりになってから四十九日という法事のときまでとなります。四十九日という法事が終わり、次回の1周忌のときには色が逆転して朱色が表になります。


亡くなられた人を丁重に弔うのが葬式です

亡くなられた人を丁重に弔うと言う儀式を葬式と言います。そして冠婚葬祭としては、一番人が哀しみに包まれている儀式のひとつでもあります。家族の誰か、または知り合いや友達の誰かが死亡した際には、必ず執り行われるのがこの儀式となります。そしてとにかく必要不可欠となるのが祭壇です。
これは亡くなられた故人に対しての追悼の意を表している象徴とも言うべき装飾となる訳です。大凡仏教の教えでの装飾が施されていると言えます。
そしてこの祭壇の前で檀家であるお寺の住職の読経により、儀式がしめやかに執り行われます。この読経が死者を安らかに、天国へ召してくれると言う歌でもあります。そして何よりこの儀式にて忘れてはならないと言うのが蝋燭と線香と水です。
この儀式には必ず蝋燭り炎と灯り続け、そしてまた必ず線香は焚き続けると言う事になります。そして水は弔問に訪れた場合は、必ず新しい水に取り換えると言うのが仕来りです。

カテゴリー

▲ ページトップへ