どのように健康診断代行サービスは予約すればいいのか

健康診断の代行サービスを利用するのに、予約や申込みの方法をご紹介します。受診者の方はお休みの日や就業時間外であっても申込みが可能で、電話やWEB、FAXなど様々な予約方法で受付をしてくれます。検索条件なども豊富な為、受信者の方に合った条件で健診機関を見つけることができます。健康診断の実施施設も数多くあり、巡回健康診断などの選択もできます。予約や受診状況などは管理画面で簡単に確認する事ができる為、未予約者や未受診者を見つける事も簡単です。また、未予約者や未受診者にはメールにて催促や確認が可能となります。仕事が忙しくてなかなか時間が取れない方や、忙しくて予約を忘れてしまう方にオススメです。健診後は数値をデータ化してくれる為、自分自身の健康状態を把握しやすくなり疾病予防などにも役立ちます。

健康診断の代行サービスを利用する事で得られる事は

健康診断の代行サービスは健診に関わってくる一連の業務を一括で代行するサービスで、健診機関のネットワークなどを活用して健診の実施や健康管理などを行う事ができます。代行サービスを利用する事で、事業主、保険者共にとても楽に健康診断を受ける事が可能となり、健診後の健康管理もスムーズに行えます。従来の予約や申込みは従業員が直接予約の手配などをして健診担当者に確定日時を連絡する必要があったのですが、代行サービスを利用する事で健診の予約状況が分かりやすくなり、受診率が向上する傾向にあります。健診後は健診結果の用紙が社員本人に届くのですが、健診担当者が本人から回収したり紙の結果表を紛失する可能性もありましたが、健診結果の回収の手間が省け、結果をデータ化する事で管理がスムーズになります。

健康診断の代行サービスの内容と流れについて

健康診断の代行サービスを利用するとき、どのような業務を行ってくれて、どのような流れになるのかを知る必要があります。主に健康診断に関する予約や健康管理をしてもらえるサービスです。健康診断を受ける予定人数などのデータを代行サービスに提出し受診者の方の受診日の調整と受診日に関する通知書を作成、送付します。受診後、衣装期間から受信結果と請求書を受け取り、請求金額の内訳の確認をします。確認内容を元に受診結果をデータ化し、請求データを作ります。他にも、受診日の変更依頼の対応をしたり、未受診者への医療機関の再手配やストレスチェックに関するサポートなどを行っています。健診内容も定期健診から雇入れ時の健診、人間ドックや特殊健診など様々な健診業務に対応してくれます。代行サービスを利用する事で事業側での業務負担が減り、未受診者を減らす事ができます。