健康診断の代行サービスの探し方

労働衛生安全法で、義務付けられている健康診断は企業側が実施する必要があります。健康診断を実施する方法としては、会社での集団実施、従業員に会社指定の医療機関で受診してもらうといった方法があります。企業の従業員人数や業種によって、最適な方法で実施するといいでしょう。健康診断には多くの種類があり、医療機関によっては、必須検査項目がない場合もありますので、注意が必要です。健診に対する費用は、会社側が全額負担しなくてはいけません。ただし、従業員が人間ドックなどの高額な健康診断を受診した場合には、定期健診費用に相当する額だけを会社が支払い、残りは従業員支払うという形でも問題ありません。次に、近年多くの企業からの依頼が増え始めている、知っておくと便利な健康診断代行サービスについて説明していきます。

健康診断代行サービスとはどんなものか

企業側が健康診断を管理する場合、従業員一人一人の健康状態の確認は健診負担費用の管理など手間もかかります。そこでおすすめしたいのが健康診断代行サービスです。こちらの代行サービスでは、健診内容の検討やスケジュール、医療機関への支払いといった業務を全て代行してくれます。また、こうした代行サービスの多くは、全国の病院や医療機関と提携しているので、健診を受ける従業員の近くの病院を探すことも容易にでき、年齢や性別ごとでの健診項目の追加や、予約受付の管理、診断結果の取りまとめといったこともスムーズに行ってくれます。Web上で、従業員の健康診断の予約状況を管理でき、受信対象者に合わせて、がん検診や婦人科健診を追加することもできるなど、様々な要望に対する設定が可能なのも便利なところの1つです。

健康診断代行サービスを探す方法とは

健康診断代行サービスは、ネット上で検索するといくつも出てきます。その中で、事業所に最適な健康診断を探すには、代行サービス各社のホームページをよく見て検討することが大切です。事業所が全国規模である場合は、代行―サービスが提携している医療機関や病院が、事業所近くにあるかどうかを確認しましょう。従業員が多い場合には、健診の予約やキャンセルを行うだけでも多忙になるので、そういった業務をどのように行ってくれるかというところも事前に確認しておくといいでしょう。かさ張りやすい健診結果表の管理もWeb上で行ってもらえるかどうかも大切なポイントです。健康診断代行サービスに依頼する時は、依頼費用についても、複数社から見積もりをとっておき、予算とサービス内容をよく検討して決めましょう。不明な点があれば、メールでの問い合わせでもいいですが、スタッフの方の対応を知るために電話で聞いてみるのもタメになるでしょう。