健康診断代行サービスの費用はどのくらいかかるの

企業の規模の大小を問わず、近年コンプライアンス経営が求められるようになってきました。従業員の健康診断や健康管理は中小企業においても避けては通れない問題となっています。企業は従業員に対し、健康管理を適切に行うことが義務になっています。しかし、多くの担当者は専門知識がなく、医師の診断書を見てもこの程度なら仕事に差し支えはないという誤った判断をしてしまっているのが日本企業の現状です。その結果、早期に発見し治療すれば治るはずの病気が悪化し退職に追い込まれるという例も見られます。こういった判断ミスで優秀な人材を失うのは企業としては大きな損失であり、リスクでもあります。そういったリスクを避けるために、近年は健康診断や健康管理をアウトソーシングによる代行サービスにお願いしている企業も増えてきています。

健康診断の代行サービスを利用するメリット

近年、健康診断や健康管理を代行サービスに依頼する企業が増えてきています。会社によっては、ノウハウやリソースないのが現状です。専門企業にアウトソーシングすることで、多くのメリットがあります。1つは、コストダウンです。実質的な作業を行うのは健康診断・健康管理作業の豊富なノウハウを持つ専門家ですから、作業も効率化できます。人材育成や作業ノウハウに掛かる手間と費用が削減できること、スケールメリットを得られることからコストダウンが可能です。2つ目に、企業の財産である従業員を守ることが出来ます。企業にとっての一番の財産は、そこで働いている従業員です。従業員の心身の健康を守ることが企業を守ることに繋がります。また雇用リスクを軽減することにも繋がります。健康経営が叫ばれる中、会社の健康管理状況を見直してみてはいかがでしょうか。

健康診断・健康管理の代行サービスを依頼する際のポイント

健康診断・健康管理の代行サービスを利用することで、コストダウンが図れる、従業員を守ることが出来るなど、様々なメリットがあるアウトソーシングですが、その代行サービスを行ってくれる企業も多くあります。代行サービスを検討する際は、以下の点を参考にして下さい。ひとつとして同じ企業がない様に、企業が抱えている健康管理業務における要望もそれぞれ違います。そのため、画一的なサービスですと自社とのニーズが合わない場合がありますので、カスタマイズの幅が広いところを選ぶことをお勧めします。また、健康診断・健康管理業務で大切なのは、選定する医療機関です。健康管理を行う企業には医療機関と強い繋がりを持つところも多いです。そのため、医療機関を自由に選ぶことが出来るところをお勧めします。最後に、企業ごとにニーズをくみ取って、最適な提案をしてくれるところを選ぶことをお勧めします。