健康診断代行サービスを利用する際の注意点

企業にとって従業員の健康管理を行うことは、法で定められている重要な業務の1つです。しかし、従業員全員が健康診断を受診できるように手配したり健診結果をデータ化するなどの作業は、他の業務と同時進行することは手間も時間もかかってしまいます。そんなときにおすすめしたいのが、健康診断を代行サービスに依頼することです。健康診断の代行サービスを利用することで健診に関わる業務を任せることができ、企業側は本来の業務に集中して取り組むことができます。では、企業が代行サービスを利用することで、健康診断など従業員の健康管理にどのようなメリットをもたらしてくれるのでしょう。また、利用するときにはどのような点に注意していけばいいのでしょうか。今回は、健康診断の代行サービス利用について見ていきましょう。

健康診断の代行サービスを依頼するメリットとは?

健康診断を代行サービスに依頼することで、どのようなメリットがあるのでしょう。まずメリットとして挙げられるのが、従業員が受診したかどうか確認をする手間を省くことができる点です。健康診断の代行サービスを利用しない場合、従業員一人ひとりが受診の予約を取り、その日程や受診したのかなど確認を取る必要がありますが、代行サービスに依頼することで受診予約や健康診断の実施状況を把握しやすくなり、確認を取る手間を省くことができます。次に、健康診断の結果をデータ化する手間を省くことができる点が挙げられます。健康診断の結果は紙で回収されることが多いため、それをデータにまとめる作業が必要となります。しかし、代行サービスを利用することで健康診断の結果もデータ化してくれるので、手間を省くことができます。

健康診断の代行サービスを依頼するときの注意点

企業にとってメリットが多い健康診断の代行サービスですが、依頼するときに注意しなければいけないことはあるのでしょうか。健康診断の代行サービスを依頼する場合、自社と代行サービスの規模が合っているのかを確認しておきましょう。いくらコストの削減をできるからと、自社の規模よりも大きい企業向けのサービスを利用してしまっては、想像以上にコストがかかってしまったなんてことも起こり得ます。健康診断の代行サービスがどれくらいの規模の企業を想定したサービスなのか、自社の規模に合ったサービスを展開しているのかなど、契約をする前に確認をしておきましょう。また、1つの代行サービスだけに絞って検討するのではなく、複数の代行サービスと比較してから決定していくようにしましょう。複数のサービスと比較することで、より希望に合ったサービスを見つけることができるでしょう。