<優良葬儀社探すなら 葬儀社比較ドットコム>葬式について発信していく専門情報サイト

ホーム > コラム > お葬式に行く際の服装といったもの

お葬式に行く際の服装といったもの

冠婚葬祭は、マナーがつきものでしょう。
知らないという人は意外に多く、葬儀や結婚式に参列をする機会があまりないという事もあります。
ですが、年齢と共に社会人として年数を重ねて行けば、その場に行かねばならない時が出てきます。
その1つに、お葬式です。
マナーもそうですが、意外に服装など知らない人もいます。
喪服は社会人になったのであれば、一着は持っておいた方が好ましいです。
もし、喪服がない場合は代用として黒いスーツやパンツといったものを代用することをしましょう。
カバンなどは、黒だからと言ってエナメルや革製品はさけてください。
また、靴も黒のものでエナメルなどの派手な物は避けましょう。
女性の身に付けるアクセサリーならば、白パールか黒パールです。
男性は、今夜グレーといった物しかないのであれば、黒の腕章をつけてください。
ネクタイはもちろん黒です。


葬式に身につけるべきマナーの必要性

葬式は故人を送り出す大切な儀式で、日本に限らず世界中で昔から行われていました。
日本においては、お通夜、葬式、告別式があります。個人とお別れをする、送り出す大切な儀式です。そのマナーはとても大切で、参列するときの服装、持ち物、参列時のマナーは大人にとっては身につけるべきマナーです。マナーがなっていないと、その人の品格に関わります。
では、身につけるべきマナーとはどんなものか、まずは服装です。基本、男性、女性も上下、黒の礼服です。シャツは白で黒のネクタイです。女性のストッキングも黒、または、ベージュになります。化粧、持ち物なども華美なものを避け、黒にします。しかし、お通夜などで急な参列のケースは華美な服装でなく、グレー、紺色などのダークな色であれば礼服でなくてもOKです。
そして持ち物としては、香典、数珠になります。
参列は受付を済ませて静かに着席して、儀式の進行を待ちます。決しておしゃべりしない、知り合いがいても外で話すなどの配慮が必要です。


葬式のプランを事前に確認しておきましょう

自分たちが想像している以上に葬式でもいろいろな種類のプランがありますから、必ず事前に確認しておきましょう。
それはどうしてかというと、事前にプランの種類を確認しておくことで、もっと費用を安く抑えることができるにも関わらず、自分たちの理想に近いものを選ぶこともできるからです。しかし業者によってプランの内容や料金が大きく違いますから、いろいろな専門の業者の公式ホームページでプランの種類をチェックしておくようにしましょう。
ちなみに最近では必要最低限のものを全て揃っている大変シンプルなプランのものが大変人気です。そして良心的な値段となっていますから、あまり拘りがない方はシンプルなプランを選択することも真剣に検討するようにしましょう。また専門のスタッフが相談に乗ってくれますから、さらに充実した内容のものにすることもできます。
ですからスタッフの方に一度相談するようにしてみてはいかがでしょうか。

▲ ページトップへ