<優良葬儀社探すなら 葬儀社比較ドットコム>葬式について発信していく専門情報サイト

ホーム > コラム > 後悔しないために必ず事前に把握したいお葬式の費用

後悔しないために必ず事前に把握したいお葬式の費用

 家族が亡くなってお通夜、葬儀、告別式を行わなければならない場合、いちばん気になる大きな問題点のひとつが費用だといわれています。
 宗教や宗派、地域のしきたり、選択する業者によって費やさなければならない金額は大きく異なります。
 少し前までは、お葬式にかかった金額の明細は、葬祭業者にあまり明らかにしてはもらえず不明瞭だともいわれていました。
 しかし、最近の葬祭業者の多くが事前に見積もりを提示してくれるようになりました。そのため、どこにいくらかかったのかがわからず、終わってからも何となく腑に落ちないといったことは随分と減っているようです。
 また、遺族側にも事前に見積もりをはっきりと提示してくれる葬祭業者を選ぶということが前提だということが浸透しています。


 一般的に、お葬式にかかる費用の内訳はいくつかに分類されます。
 まずは葬祭業者に支払うものですが、祭壇や棺、人件費などの基本料金と生花や必要であれば喪服などのレンタル料などが加わります。
 寺院や僧侶へは、読経料や戒名料などのお布施、車代などが必要です。加えてお通夜や精進落としなどの料理や飲み物などの飲食接待費も入ります。
 儀式が終わり、参列者が帰る際には会葬御礼を渡します。
 これは、突然のことにもかかわらず、お通夜や葬儀にわざわざ参列してくれた感謝の気持ちを表すものだとされています。
 大体500円から1000円程度のハンカチなどに挨拶状を添えてその場のお礼としますが、それに加えて必要なのが香典返しです。
 最近のお葬式は、ほとんどが自宅ではなく斎場で行われています。そしてそれを取り仕切ってくれるのは葬祭業者で、ほとんどすべてのことを行ってもらうことができます。
 ですから、前述した必要な費用のほとんどは、葬祭業者に支払うものだと認識しておくことが無難なようです。


 予期せぬ事態はもちろんですが、事前にある程度の覚悟ができていても人が亡くなるということは突然のことです。
 大きな悲しみを伴う限られた時間の中で、いろいろな準備をしなくてはならない遺族の負担は非常に重くなります。
 終わった後に後悔しないためには、つらいことですが、どんなことにいくらかかるのかといった金銭的なことをできる限り把握しておくことが必要になります。
 葬祭業者とのトラブルでいちばん多いのも金銭的な問題だといわれています。
 後味の良くないことにならないためには、見積もりの金額の内容をよく確認して、吟味することがとても重要となります。

▲ ページトップへ