<優良葬儀社探すなら 葬儀社比較ドットコム>葬式について発信していく専門情報サイト

ホーム > コラム > 葬式を挙げる際には色々と情報を集める必要がある

葬式を挙げる際には色々と情報を集める必要がある

身内が亡くなった場合には葬式を挙げる必要がありますが、殆どの人は葬儀会社に頼んで葬祭場や火葬場の手配をしてもらうことになります。
そして司会進行等も依頼をすれば葬儀会社が行ってくれるので、初めて葬式を挙げる場合でもそれほど心配をする必要はないです。
ただ最近では家族葬を挙げる人が沢山いますが親しい人だけで故人を静かに見送ることができると言うことでとても人気があり、家族葬を扱う葬儀会社も増えています。
そのため家族葬を挙げたいと思ったらそのプランを用意している葬儀会社を探せば良いのですが、全ての会社が家族葬を行ってくれる分けではないのでその点は十分に注意する必要があります。
今ではパソコンやスマートフォン等を使って葬儀会社について色々と情報を集めることができるので、それらを上手く活用してどこの会社に葬式の依頼をすれば良いかを決めることが大切です。



葬式とは亡くなられた人を弔う儀式です

葬式とは亡くなられた人を弔う儀式です。
現代のこの儀式は、多くのは家族葬、そして社葬などの種類に分けられます。
そしてもう一つが遺族の家庭内で営まれる場合と葬儀社にて営まれる場合の2種類に分かれます。
そして、どちらにしても、大よそ、この葬儀社が全ての儀式の演出をする事になります。
その理由、個人で、仮に家族であっても、葬儀の一斉を取り仕切ると言う事が困難であると言う事です。
人が亡くなられた時点で葬式は始まっていると同じです。
まずは通夜に始まり、檀家である住職に連絡して葬儀の儀式の段取りです。
それと同様に、家庭内で行うか葬儀社で行うかを決めます。
もちろん、親族、友人知人にも連絡すると共に、関連機関にも連絡します。
通夜の次に本格儀式、出棺後に火葬となり、その後、様々な仏教に於ける供養を行いお開きとなります。
その後は香典返しを完了すれば終了です。



葬式にも様々なマナーがあります

葬式にも様々なマナーがあります。
まず第一に、死者を北側の部屋に安置します。
そして枕も北枕と言う事になります。
そして死者本人は和服になっています。
これは古くからの習わしと言う事になります。
その後、白装束に着替えると言う事になります。
そして顔面に白い布を被せておきます。
これは死者を儀式で安置する訳ですが、亡くなっていると言う意味では、亡骸と言う事になり死者の匂いが漂うと言う事になります。
その匂いを防ぐためにも、死者の顔に布を被せて置くと言う事です。
そして亡くなった方の枕元には、必ず水と線香と蝋燭、そしてお供え物を置きます。
これが祭壇と言う事になります。
その場所で弔問客は訪れて、お悔やみをすることになります。
そして通夜が始まり、その翌日には葬式の儀式が祭壇の前にて営まれます。
この場合は、遺族の家庭内で営まれる場合と葬儀社内で営まれる場合の二通りがあります。

▲ ページトップへ